Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 激闘のあと。

1679

激闘のあと。

第43回ばんえい記念が終わりました。

レース前の場内。

スタンド。これだけで胸がいっぱいになります。




レースです。ファンファーレが鳴り響き、スタンドがゆれました。

レース映像はこちら。ばんえいシアターからご覧下さい。



ゴール直前のカネサブラック。松田騎手の戦い抜いた表情が激闘を語っているかのようでした。




最後の馬、タケタカラニシキが入り、スタンドから大拍手が。



担当厩務員が1トンという荷物を運びきった馬に駆け寄り、「よくやった!」「頑張った」。

騎手の表情も晴れ晴れとしています。




いろんな人たちのたくさんの想いが積み重なったレース。

例えばホクショウダイヤ。

私の好きな馬の一頭で、勝手に「ガジオくん」って呼んでいます。(馬主さん、調教師さん、ゴメンナサイ!!)

なぜ「ガジオくん」かというと、ヤンチャな男の子で馬具を装着するときとか、棒をガジガジかじるのが好きなんです。

初の1トン相手に戦い抜いたホクショウダイヤ。

厩務員さんが大きな声で、「おーおー!良くやった!お前頑張ったなぁ!」と本当にうれしそう。

必要のなくなった棒を片手に、めったに触ることのできない顔をなでなでしながら。




こちら、このレースで引退のヨコハマイサム。

ずっと担当していた村上騎手の表情は晴れやかでした。

「ほぉれ!りゅうさん!ゼッケン忘れてるぞ!」




そして、こちらカネサブラック。厩務員の髙橋さん。堂々と胸を張って歩いていきます。




ソリです。激闘を物語っています。




レース後、表彰式を待つカネサブラック。

全ての筋肉の能力を使い切った身体に対して、その瞳は、とても穏やかでした。




表彰式の松田騎手。




全レースが終了して、カネサブラックの松井調教師、松田騎手、髙橋厩務員への

記者会見が行われました。



「本当にうれしいんです。」と、言葉を詰まらせた松井調教師。

あの気丈な松井調教師が男泣きしてました。

2年連続でばんえい記念2着。

昨年は、カネサブラック、フクイズミ、トモエパワーと強力馬で出走しながらも、勝てなかったというプレッシャー。

馬主さんをはじめ、たくさんの方々の想いを背負っているから、このばんえい記念制覇は、松井調教師にとって、大きな大きな勝ち星だったと思います。



松田騎手の話がとても印象的でした。

「どんな馬も、出走したからには負けるつもりで臨んではいません。自分自身はそんなにしっかり練習するタイプじゃないけど(笑)、松井厩舎の馬も、そして他の厩舎の馬も、この1トンを引っ張るために、何ヶ月も前から、朝や昼、夜まで練習してきています。だから、しっかり準備した分、負けた時の悔しさは半端じゃない。自分は、昨年、ばんえい記念で負けました。『この一年、一体なんだったんだ…』。それくらい落ち込みました。

今日はいい馬に乗せていただいたので勝ちました。だけど強い馬数頭だけではレースはできません。今回、フルゲートで出走することができました。今日、「ばんえい記念」に出走した全ての馬を称えてください。」





最後に。

表彰式には、松井厩舎の厩務員全員が来ました。

「チーム松井」での記念撮影。

ばんえい記念、優勝おめでとうございます!(nao)


このページをシェア

↑ページ先頭へ