Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 牡と牝のラブゲーム。

1522

牡と牝のラブゲーム。

5月28日(土)の夕方。装鞍所の一こま。

第10Rの出番を待っている凛々しき馬たち。

3番ヒマワリカツヒメ(牝5)が装鞍所に入ったとたん、

男たちが騒ぎ出しました。




これからの話は、全て中山騎手の談。

「牝馬だー!牝馬だー!」2番キンセイモン(牡6)、1番カネミセンショー(牡9)。

匂いでわかるそう。私は、見た目じゃ牡が牝かわからないのにね。



これ、フレーメン。

中山さん曰く、「必死に匂いをかいでいる」らしい。確かに、ダラダラ鼻水まで出てきました。

1番カネミセンショー。




2番キンセイモン。3番ヒマワリカツヒメに猛烈アタック。

しかも、男らしい馬が並ぶとさらにヒートアップするそう。

中山さん曰く、「牝馬を取り合っている」らしい。確かに尋常ではない2頭の暴れ方でした。



で、3番ヒマワリカツヒメもたいした娘で、「何よ」と言わんばかりに壁を蹴り上げます。

「ブヒヒヒーン!」と甲高い声を上げて、恐ろしく力強く蹴り上げます。

2番キンセイモンもタジタジ。




3番ヒマワリカツヒメの左には、きれいに着飾った4番ワタシハキレイズキ(牝5)がおります。

マイペースに口をぱくぱくぱくさせて遊んでおります。

中山さん曰く、「匂いはヒマワリカツヒメの方が強い」らしい。




そして、もっともっとキカン坊が、ジャングルソング(牡5)。

一番端のつなぎ場に離されておりました。「俺も参戦したかった!」




そんな熱戦が繰り広げられているつなぎ場で、ひときわマッタリしていたのが、

ハマナカキング(牡10)。「はいはい。」若馬を横目にリラックス中。




「ブヒヒヒヒーン!」「ぶるぶるぶるっ!」「ガンガンガン!」「ぱくぱくぱく…」

そんな壮絶な馬たちの前で、しゃちょうと山田調教師が、もくもくと取材を受けていました。

オンエアが決まりましたらお知らせします。馬の戦いが後ろで映っているかも…。




ばんえいはセパレートコースならではで、牝馬が隣だと走らなくなったり、

逆におしりを追いかけて苦手な障害を一腰で越したり…、と枠順も重要と言われます。

なるほどな…、と実感した装鞍所での出来事でした。

もしかしたら、バックヤードツアー中にも同じ現象を見ることができるかも!?(nao)


このページをシェア

↑ページ先頭へ