Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. オイドン、強し!

1241

オイドン、強し!

1月3日に行われた明け5歳のチャンピオン決定戦「天馬賞」は、

同世代、しかも定量戦とあって、馬の力が試される一戦。

オイドンが貫録をみせて優勝。

ああ!強かったこと! 途中から、鈴木恵介騎手の手は動かず、独壇場。




先行でレースを引っ張り見せ場を作った、2着フジダイビクトリー。




左からタッピイサム、アグリコトブキ、アアモンドマツカゼも5着までに入線。




終わってみれば、オイドンが圧倒的な力を見せ、人気にこたえた結果なのかもしれません。





1月1日の朝調教。

日が昇る前から入澤騎手がフジダイビクトリー号と練習をしていました。

仕上げに近いのかもしれませんが、荷物を積んで、しっかりと。




ニュータカラコマ号。山を登っては、ゆっくりやすませ、また山を登ってまた休ませ…。

藤野騎手がじっくり寡黙に、周りの馬より時間をかけて障害の調教していました。





レットフジもいましたし、他の馬も虎視眈々と調教を重ね、狙っているのです。

どの馬も負けるためにレースに出るのわけではないのです。





レース前にオイドン号の鈴木調教師が言っていました。

「このレースは勝たなきゃならん。だけど勝負の世界。何があるかわからない。乗り手もプレッシャーはあると思う。だけど、奴は大丈夫。じゃなきゃ、リーディングなんか獲れんよ。」





任された鈴木恵介騎手は期待に応えました。




ヒーローインタビューで「横綱相撲だった」と語った恵介騎手。

しかし、何週間も前から、自身でズリ引きから練習をし、抜かりなく仕上げてきたのでしょう。

朝、姿を見たとき、「恵介騎手がズリ引きしてるのですか!?」と伺ったら、「たまたま。」なんて笑ってましたが、勝つことの大変さを一番知っているのはご本人なんでしょうね。





一人、ひょうひょうとした人物が。

「あ~あ~、終わった終わったー。良かった良かったー。」

鈴木厩舎の船山騎手。オイドンの厩務をしています。

「だってさー、調教師、何週間も前からピリピリしてるんだもん。こっちも大変よ」と、

レース後、馬具を片付けるときに、のほほんと話してくれました。



ちなみに、鈴木調教師は、ミルキー号でふれあいを行ったり、ファンサービスを率先してくれる調教師。

正月恒例のふるまいも、自ら杵で餅をついてくれました。




にこやかな表情とは裏腹に、レースの重さを感じていたのですね…。当たり前か。

表彰式後の「これでやっとゆっくり寝れる」という鈴木調教師の言葉が印象的でした。





追われる側と追う側。絶対王者は存在しない。個人的に、この世代好きなんですよね~。




おめでとうございます!(nao)


このページをシェア

↑ページ先頭へ