Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 「第49回ばんえい大賞典」(BG3)の結果

648

「第49回ばんえい大賞典」(BG3)の結果

7月7日(日)「第49回ばんえい大賞典」(BG3)の結果
~3歳路線一冠目はホクセイハリアー号がゴール前で力強く粘りきり重賞初制覇~

ばんえい十勝で2024年7月7日(日)に行われた「第49回ばんえい大賞典」(3歳オープン・BG3)はホクセイハリアー号がゴール前ミチシオ号との接戦を制し重賞初制覇を飾りました。
馬場水分2.0%、650㎏から680㎏のばんえい重量で行われた3歳路線一冠目の本レース。道中は第一障害を勢いよく越えたスマイルカナ号が先行しますが、中間点を過ぎたあたりで後続も差を詰め、全馬ほぼ横並びの展開で第二障害へと進んでいきます。
第二障害ではホクセイハリアー号、ウルトラコタロウ号がほとんど同時に仕掛けます。先にホクセイハリアー号がすんなりと一腰でクリア。ウルトラコタロウ号が2番手で通過し、ミチシオ号、ライジンサン号と続きます。先頭を行くホクセイハリアー号にミチシオ号が並び掛け2頭の競り合いとなりますが、最後まで力強く粘りきったホクセイハリアー号が逃げ切ってのゴール。3歳路線一冠目を手にするとともに嬉しい重賞初制覇を飾りました。
2着には最後までホクセイハリアー号に食らいついたミチシオ号が入り、3着にはウルトラコタロウ号が入りました。
ホクセイハリアー号を管理する金山明彦調教師、騎乗した渡来心路騎手はともに「ばんえい大賞典」を初制覇となりました。

レース結果/
https://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2024%2f07%2f07&k_raceNo=11&k_babaCode=3
レース映像/
https://keiba-lv-st.jp/movie/player?date=20240707&race=11&track=obihiro

<ホクセイハリアー号のプロフィール> ※2024年7月7日現在
生年月日・毛色:2021年1月28日(牡3歳・栗毛)
血統:父 フジダイビクトリー 母 ヒメノダイジン (母父)ニシキダイジン
生産者:(株)金福畜産
馬主:(株)北西ファーム
厩舎:金山 明彦厩舎
通算成績:32戦7勝(うち重賞1勝)

金山明彦調教師のコメント/
期待はしていましたが、まさか勝てるとは思っていませんでした。騎手が上手に騎乗してくれた結果だと思います。
2歳の時から良いレースをしてくれる馬だとは思っていましたが、今年になって一気に成長してくれてとても嬉しいです。
スタートも障害も良い馬ですが、今まではゴール前に少し甘さがありました。春先から良くなっている実感があったので、成長できた分が今回の勝利につながったと思います。
レースは軽い馬場だったので早め早めの展開で、障害も先に越えてくると思って見ていました。残り10mが不安でしたが、騎手が本当に良い騎乗をして最後まで保たせてくれたので騎手を誉めてあげたいです。
ファンの皆さん、顔の特徴のハートマークはこれ以上大きくはなりませんが、これからも成長していく馬ですので応援の程よろしくお願いします。

渡来心路騎手のコメント/
勝ちたいと思っていた馬なので凄く嬉しいです。
2歳の時から能力はあると思っていたのでいつか重賞を勝ちたいと思っていました。
この馬は、スタートも障害も良く、障害を下りてからは甘い部分がありましたが、今年に入ってだいぶ力をつけてくれたので、これからももっと成長してくれると思います。
馬場も軽くハンデもあったので、先行しようと考えていたので上手くいって良かったです。
障害を下りた後もミチシオが並んできましたが、最後まで保ってくれればと必死で追いました。
これからまだまだ成長していくと思うので、頑張って2冠目、3冠目も狙っていきたいと思います。
これからも頑張ります。応援よろしくお願いします。

このページをシェア

↑ページ先頭へ