Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 小林勝二調教師 勇退について

1966

小林勝二調教師 勇退について

ばんえい十勝の小林勝二調教師は、2024年3月末をもって勇退することとなりました。
1994年に調教師として開業し、2004年のばんえい菊花賞をニシキタカラ号で重賞初制覇。2006年にはニシキセンプー号でホクレン賞、ニシキダイジン号でポプラ賞を制し、これまでに重賞優勝を3勝挙げました。
調教師開業以前である1982年からの騎手時代を含めると、41年間の歴史と功績を築き上げ、2024年3月17日(日)第12競走で管理馬ジェイファイター号の出走をもって引退となりました。
なお、ご本人の意向で引退セレモニーは実施いたしません。

小林勝二(こばやしかつじ)調教師プロフィール ※2024年3月17日(日)第12R終了時点
生年月日/1959年1月2日(65歳)
出身地/北海道上川郡下川町
本年度成績/405戦43勝
調教師通算成績/11,701戦1,131勝(うち重賞3勝)
調教師デビュー/1994年4月24日(管理馬:ツガルパワー号)
調教師初勝利/1994年6月4日(管理馬:ヤマトカイザン号)
主な重賞優勝/
2004年 ばんえい菊花賞(管理馬:ニシキタカラ号)
2006年 ホクレン賞(管理馬:ニシキセンプー号)
2006年 ポプラ賞(管理馬:ニシキダイジン号)


<小林勝二調教師のコメント>
まずは関係者の皆様、ファンの皆様には今まで応援と支えていただいたことを何より感謝しています。やっている時は自分のことよりも馬達から目を離せず、いろいろと大変なこともありましたが、振り返るとニシキダイジンやニシキセンプーなど良い馬に触れてこられて良かったと思っています。
長い間お世話になりました。本当にありがとうございました。

このページをシェア

↑ページ先頭へ