Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 「第31回北斗賞」(BG3)の結果

1296

「第31回北斗賞」(BG3)の結果

6月18日(日)「第31回北斗賞」(BG3)の結果
~メムロボブサップ号が王者の貫禄を見せる圧巻の走りで重賞14勝目を飾る!~



ばんえい十勝で2023年6月18日(日)に行われた「第31回北斗賞」(3歳以上オープン・BG3)は、1番人気のメムロボブサップ号が圧巻の走りで後続馬を突き放し優勝しました。
馬場水分1.1%、昨年の優勝馬のアオノブラック号が出走取消となり8頭で行われた本レース。第一障害を越えたあたりから果敢に先行するメジロゴーリキ号と、それを追い徐々に差を詰めていくアアモンドグンシン号、コマサンブラック号、メムロボブサップ号、ミノルシャープ号、やや間をおいて他の後続馬がばらける形で第二障害へと向かっていきます。
第二障害で最初に仕掛けたのはミノルシャープ号。すぐにアアモンドグンシン号、メムロボブサップ号、メジロゴーリキ号、コマサンブラック号も挑戦していきます。メムロボブサップ号が先に第二障害をクリアし、2番手以下後続を突き放します。メジロゴーリキ号、ミノルシャープ号が続いてクリアし懸命に追いかけますが、先頭を行くメムロボブサップ号の脚色は衰えることなくリードを保ったままゴール。王者の貫禄を見せる圧巻の走りで3月のばんえい記念に続く重賞14勝目、今季重賞初制覇を飾りました。
2着にはメジロゴーリキ号が入り、3着にはミノルシャープ号がアアモンドグンシン号に一旦はリードを許しますが最後までなんとか粘り切って入りました。
メムロボブサップ号を管理する坂本東一調教師、騎乗した阿部武臣騎手は共に「北斗賞」を初勝利となりました。

レース結果/
https://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2023%2f06%2f18&k_raceNo=11&k_babaCode=3

レース映像/
http://keiba-lv-st.jp/movie/player?date=20230618&race=11&track=obihiro

<メムロボブサップ号のプロフィール> ※2023年6月18日現在
生年月日・毛色:2016年4月14日(牡7歳・鹿毛)
血統:父 ナリタボブサップ 母 ピュアレディ (母父)アキバオーショウ
生産者:竹澤 一彦氏
馬主:竹澤 一彦氏
厩舎:坂本 東一厩舎
通算成績:88戦35勝(うち重賞14勝)

坂本東一調教師のコメント/
喉が詰まるほど嬉しい気持ちでいっぱいです。
いつも緊張感を持ってレースを見ていますが、テレビ越しから騎手の緊張感や気持ちが伝わってきました。自分が騎手だった頃よりも強く感じます。
馬の状態は最高でした。そこは普段から馬に触っている騎手の判断が的確でしたし、何よりも馬との信頼関係が勝利に繋がったと思います。
これからも健康面をしっかり管理し、常に万全なレースを出来るように騎手共々頑張っていきますので、メムロボブサップの応援よろしくお願いします。

阿部武臣騎手のコメント/
春から調子はものすごく良い状態を維持しているので今日は必ず勝ちたいと思っていました。
道中は十分息を入れることができたので、障害をしっかり上げることだけを考えました。
770kgの重量のわりに重くもなく、馬場もちょうど良い状態だったと思います。
障害を下りてしまえばしっかり歩いてくれるので差されることはないと思いました。
一戦一戦良いレースができればと思い騎乗しています。これからも応援よろしくお願いします。

このページをシェア

↑ページ先頭へ