Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 「第51回 ばんえいダービー」(BG1)の結果

2539

「第51回 ばんえいダービー」(BG1)の結果

12月29日(木)「第51回ばんえいダービー」(BG1)の結果
~キングフェスタ号が圧倒的な末脚で3歳世代王者に輝く!~
~鈴木恵介騎手が最多重賞勝利数を更新~


ばんえい十勝で2022年12月29日(木)に行われた「第51回ばんえいダービー」(3歳オープン・BG1)は、キングフェスタ号がゴール前で圧倒的な末脚を見せ優勝し、3歳世代王者に輝きました。
馬場水分2.3%、ばんえい重量730㎏(牝馬710㎏)の定量で行われた本レース。キングフェスタ号が第一障害から勢いよく先頭に立ち積極的に先行します。ヘッチャラ号、ダイヤカツヒメ号が追走しますが、キングフェスタ号が一息入れたところで入れ替わります。それを見る形で各馬ばらけながら第二障害へと進んで行きます。
第二障害ではヘッチャラ号が一番手で仕掛け、ツガルノヒロイモノ号、ヤマカツエース号ら後続も続々と仕掛けます。先頭で障害をクリアしたのはヘッチャラ号、2番手でヤマカツエース号、3番手にキングフェスタ号が続きます。その中でも脚色が目立ったキングフェスタ号。駆けるように先頭に躍り出ると最後まで脚色が鈍ることなく2番手以下に大きなリードをつけそのままゴール。ばんえい菊花賞に続き3歳世代二冠を制し、世代王者の座を不動のものとする重賞5勝目を飾りました。
キングフェスタ号を管理する小北栄一調教師は「ばんえいダービー」を初制覇。騎乗した鈴木恵介騎手はセンゴクエース号で制した2015年以来の5勝目となりました。
また、鈴木恵介騎手はこの勝利で金山明彦調教師が騎手時代に記録した最多重賞勝利数87勝を更新する重賞88勝目を飾りました。


レース結果/
https://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2022%2f12%2f29&k_raceNo=11&k_babaCode=3
レース映像/
http://keiba-lv-st.jp/movie/player?date=20221229&race=11&track=obihiro

<キングフェスタ号のプロフィール> ※2022年12月29日現在
生年月日・毛色:2019年4月12日(牡3歳・鹿毛)
血統:父 カネサブラック  母 クインフェスタ (母父)ホクリュウイチ
生産者:廣部 武士氏
馬主:廣部 武士氏
厩舎:小北 栄一厩舎
通算成績:24戦13勝(うち重賞5勝)

小北栄一調教師のコメント/
このレースを勝つことが出来たので嬉しかったです。
今回はノーハンデということもあり自信はありました。
どの馬もキングフェスタを目標にして来ていると思っていました。
雪が降って馬場が軽くなるとヘッチャラ辺りの馬が出てきそうな気がしていたのでどうなるかと思っていましたが無事レースを終えることが出来て安心しています。
この馬は私が予想していた以上にすごいものを持っていると思いました。特に下りてからの脚は素晴らしいです。
今日は馬場状態がいつもと違う様子で重そうでしたが、鈴木騎手も先行で行っていたので下りてからのあの脚について来られる馬はいなかったのかなと思います。
2歳の時から気性が荒い馬ですが、逆にその荒さが良い方向に行ってくれていると思います。
おかげさまで良いお正月を迎えられそうです。
キングフェスタは年を明けてもオープン馬として頑張っていきますので、応援よろしくお願いします。
年始開催は1月2日から始まるのでぜひ来てください。

鈴木恵介騎手のコメント/
今日はノーハンデだったので、絶対は絶対なんですが絶対勝たなきゃいけないと思いレースに挑みました。
時計の出るレースでしたが割り切っていたので、周りを見ながら馬と相談しながらレースを運びました。
道中の位置取りは良かったですが馬が障害に着きたくないなと言う感じがありましたがそれでも立て直してくれました。
下りてからこれだけ歩ける馬なので障害さえ上がれば慌てることはないと思い騎乗しました。
残り30m手前くらいでなんとか勝てるかなと思いました。
来年からは古馬とも戦っていけるかなとは思っているので、相談しながら挑んでいきたいと思います。
またキングフェスタ共々応援よろしくお願いします。ありがとうございました。


このページをシェア

↑ページ先頭へ