Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 「第34回ばんえいグランプリ」(BG2)の結果

826

「第34回ばんえいグランプリ」(BG2)の結果

8月14日(日)「第34回ばんえいグランプリ」(BG2)の結果
~真夏の大一番はファン投票1位のメムロボブサップ号がファンの人気に応え連覇~

ばんえい十勝で2022年8月14日(日)に行われた「第34回ばんえいグランプリ」(3歳以上オープン・BG2)は、昨年に続きファン投票1位のメムロボブサップ号が圧倒的人気に応え連覇を果たしました。
夕方に一時降った雨の影響により馬場水分1.8%で行われた本レース。道中はメジロゴーリキ号、インビクタ号、ミノルシャープ号、メムロボブサップ号の4頭が先頭を入れ替わりながらレースを引っ張るも各馬ばらける形で第二障害まで進んで行きます。
一番手で第二障害下に到達したインビクタ号が一息入れ最初に障害で仕掛けると、メジロゴーリキ号、ミノルシャープ号、メムロボブサップ号がほぼ同時に続いて仕掛けます。インビクタ号が障害で膝をつき苦戦する中、メムロボブサップ号とメジロゴーリキ号がほとんど差なく障害をクリアします。
ここから粘り強さを見せたのはメムロボブサップ号。2番手で懸命に食い下がるメジロゴーリキ号にリードをつけると最後まで脚色が鈍ることなく押し切ってのゴール。断然の1番人気に応える圧巻の走りを見せ7月の「旭川記念」に続く重賞12勝目を飾りました。
2着は最後まで懸命に走り切ったメジロゴーリキ号が入り、3着にはゴール前に一度止まってしまいますが立て直して粘り切ったミノルシャープ号が入りました。
メムロボブサップ号を管理する坂本東一調教師、騎乗した阿部武臣騎手はともに「ばんえいグランプリ」を昨年に続く2勝目となりました。

レース結果/
https://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2022%2f08%2f14&k_raceNo=11&k_babaCode=3

レース映像/
http://keiba-lv-st.jp/movie/player?date=20220814&race=11&track=obihiro

<メムロボブサップ号のプロフィール> ※2022年8月14日現在
生年月日・毛色:2016年4月14日(牡6歳・鹿毛)
血統:父 ナリタボブサップ  母 ピュアレディ (母父)アキバオーショウ
生産者:竹澤 一彦氏
馬主:竹澤 一彦氏
厩舎:坂本 東一厩舎
通算成績:75戦29勝(うち重賞12勝)

坂本東一調教師のコメント/
ファン投票1位ということでありがとうございます。
調教師としてファンの皆様の期待を裏切らないようにと常に考えています。
雨が降ったので軽すぎて予想外のレース展開になる可能性もあると思っていましたが、メムロボブサップはどんなレースにも対応できる馬なので信じていました。しっかり思いに応えてくれました。暑い日が続きましたが、状態面も崩れなかったので良かったです。
これからのことは馬の調子を見ながら、馬主とどういうレースで使っていくべきなのかを相談していきます。
出るからには勝つという気持ちを信念に出走しています。
これからも応援の程、よろしくお願いいたします。

阿部武臣騎手のコメント/
勝利する事ができてほっとしています。
雨が降らない馬場の方が良いかと思っていたので、ちょっと雨が降りましたがその後晴れてくれて良かったです。馬場は軽くなりましたが我慢して息を入れていけばなんとか勝てると思いました。
軽い馬場とはいえ、重量が800キロあるので簡単にはいかないと思っていたので、先行馬はいましたが道中余分に息を入れて行くことができ、障害は楽に越えられたので良かったです。
最近は暑い日が続き、メムロボブサップも弱っていた部分もあったと思いますが良く頑張ってくれました。
今年度は1着、2着が続いており本当にこんな馬は珍しいなと思います。
これからも良いレースをお見せ出来るように頑張りますので応援よろしくお願いします。


このページをシェア

↑ページ先頭へ