Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 「第12回ドリームエイジカップ」(BG3)の結果

1008

「第12回ドリームエイジカップ」(BG3)の結果

11月28日(日)「第12回ドリームエイジカップ」(BG3)の結果
~10歳馬シンザンボーイ号がゴール前の接戦を制し、重賞2勝目を挙げる!~


ばんえい十勝で2021年11月28日(日)に行われた「帯広商工会議所賞 第12回ドリームエイジカップ」(4歳以上馬齢選抜・BG3)は、10歳馬のシンザンボーイ号がゴール前の接戦を制し優勝しました。
4歳から10歳までの世代強豪馬が揃った本レースは、馬場水分3.3%、最大50㎏のハンデ差で行われました。
全馬一斉に飛び出し勢いよく第一障害を越えていきます。道中は各馬ほとんど一団といった状態で、アオノブラック号、メジロゴーリキ号、ミスタカシマ号、アアモンドグンシン号、シンザンボーイ号と次々と先頭が入れ替わりながら第二障害へと進んで行きます。
第二障害ではミスタカシマ号が一番手で仕掛けますが苦戦。少し間を開けてアアモンドグンシン号、メムロボブサップ号と後続も仕掛けていく中、最初にクリアしたのはメムロボブサップ号。2番手にシンザンボーイ号、続いてカイセドクター号、キョウエイリュウ号ら後続も続々とクリアしていきます。ゴール手前30m、先頭で走るメムロボブサップ号にじわじわとシンザンボーイ号が追い上げると、残り10mでシンザンボーイ号がさらに脚を伸ばし、粘るメムロボブサップを差し切りゴール。2019年の北見記念に続く重賞2勝目を飾りました。
シンザンボーイ号を管理する鈴木邦哉調教師、騎乗した渡来心路騎手はともに「ドリームエイジカップ」初制覇となりました。


レース結果/
https://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2021%2f11%2f28&k_raceNo=11&k_babaCode=3

レース映像/
http://keiba-lv-st.jp/movie/player?date=20211128&race=11&track=obihiro

<シンザンボーイ号のプロフィール> ※2021年11月28日現在
生年月日・毛色:2011年5月10日(牡10歳・栗毛)
血統:父 ツルマキシンザン 母 竹小町 (母父)タケタカラ
生産者:門 志美氏
馬主:干場正吉氏 
厩舎:鈴木邦哉厩舎
通算成績:261戦46勝(うち重賞2勝)


鈴木邦哉調教師のコメント/
10歳という年齢ですが、気性も馬体も、まだまだ若さがあります。まさか勝ってくれるとは驚きでした。レース中の判断は騎手に委ねるしかないのですが、第二障害を降りてからもゴールまで本当にしぶとく歩いてくれました。ハンデに恵まれたところもありますが、本当によくやってくれたと思います。
今後の大きいレースにも挑戦したいです。若さもそうですが、馬は病気ひとつなく健康そのものなので、チャンスがあれば、ばんえい記念にも挑戦したいですね。
多くのお客様に来ていただいていることが励みになっています。今後とも応援よろしくお願いします。

渡来心路騎手のコメント/
重賞は何回勝っても嬉しいですね。
レース前、ハンデをもらっていたのと、馬場も軽そうだったので先行していこうと考えていました。
結構出だしが遅いタイプの馬なので、そこさえ頑張ってくれればと思っていましたが、今日はスタートから走ってくれたので良い位置でレースができました。
先に行く馬が障害で苦戦していたので、障害の下でしっかり息を入れることができれば障害を上がってくれると思っていたのでうまくいきました。
メムロボブサップが先行していましたが、障害を下りてから歩いてくれる馬ですし、ハンデも結構あったので、最後まで頑張ってくれればなんとか良い結果になるんじゃないかと真剣に追いました。
この馬の良さは、ハナは遅れますが、障害はしっかり上がってくれますし、下りてからもしっかり歩いてくれるところですね。
これからもまだまだ頑張りますので応援よろしくお願いします。

このページをシェア

↑ページ先頭へ