Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 「第33回ばんえいグランプリ」(BG2)の結果

844

「第33回ばんえいグランプリ」(BG2)の結果

8月15日(日)「柳月杯 第33回ばんえいグランプリ」(BG2)の結果
~ファン投票1位のメムロボブサップが真夏の大一番を制す~


ばんえい十勝で2021年8月15日(日)に行われた「柳月杯 第33回ばんえいグランプリ」(3歳以上ファン投票選抜・BG2)は、ファン投票1位のメムロボブサップ号がファンの期待に応え優勝しました。
馬場水分1.0%、ばんえい重量780kgから800kgで行われた本レース。道中は各馬ばらけながらも、メムロボブサップ号を先頭に全頭細かく刻みながら第二障害まで進んで行きます。
第二障害ではキタノユウジロウ号が一番手で仕掛け、メムロボブサップ号が続きます。さらにアアモンドグンシン号、メジロゴーリキ号、アオノブラック号、ミノルシャープ号ら後続馬が仕掛ける中、最初に第二障害をクリアしたメムロボブサップ号が後続を一気に突き放します。
メジロゴーリキ号、ミノルシャープ号らも先頭に続き、4番手で第二障害を下りたセンゴクエース号が先を行く2頭をかわし先頭のメムロボブサップ号に追い込みをかけますが、メムロボブサップ号は抜群の粘り強さでリードを守り、圧巻の走りで真夏の大一番を制すと共に重賞9勝目を飾りました。
2着には鋭い末脚で追い込んだファン投票2位のセンゴクエース号、3着にはファン投票9位だったメジロゴーリキ号が入りました。
メムロボブサップ号を管理する坂本東一調教師、騎乗した阿部武臣騎手共にばんえいグランプリ初優勝となりました。また、5歳馬での優勝は2002年ヒカルセンプー号以来19年ぶりの勝利となりました。


レース結果/
https://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2021%2f08%2f15&k_raceNo=11&k_babaCode=3

レース映像/
http://keiba-lv-st.jp/movie/player?date=20210815&race=11&track=obihiro

<メムロボブサップ号のプロフィール> ※2021年8月15日現在
生年月日・毛色 :2016年4月14日(牡5歳・鹿毛)
血統 :父 ナリタボブサップ  母 ピュアレディ (母父)アキバオーショウ
生産者 :竹澤 一彦氏
馬主 :竹澤 一彦氏 
厩舎 :坂本東一厩舎
通算成績 :56戦21勝(うち重賞9勝)

坂本東一調教師のコメント/
今期は惜しいレースが続きましたが、今日は全てのタイミングがぴったりと合って、勝つことができました。
私の表情に表れているとおり、嬉しい気持ちでいっぱいです。
この先のプランは強気に行きたいところですが、ブレーキをかけながら上手に使っていきたいです。
馬の健康状態を常に見て気にかけることが調教師の管理責任です。
メムロボブサップ号はばん馬としては小柄ですがかなり気性が激しく、その激しさで荷物を曳いているところがあります。
その気性をコントロールするのが私たちの仕事です。
ファンの方々に一番に支持されて、1着にもなれたことに何よりも感謝したいです。

阿部武臣騎手のコメント/
馬は春先からずっと絶好調で来ていたのですが、なかなか勝ち切れずにいたので、このレースは獲りたいと思っていました。
先週の雨の影響で思っていたほど馬場は重くなく、今日のレースは速いタイムで決まっていたので仕掛けていくつもりでした。
800kgを積んでいても先行してレースの流れを引っ張ろうと思っていました。
障害は天板で少し辛い部分もありましたが、一腰で越えてくれました。
健康で走ってくれて、ばんえい記念にも出走できたらと思っています。
これからも熱いレースをお見せできるよう頑張りますので、応援をよろしくお願いします。


このページをシェア

↑ページ先頭へ