Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 「第49回ばんえいダービー」(BG1)の結果

1041

「第49回ばんえいダービー」(BG1)の結果

12月29日(火)「第49回ばんえいダービー」(BG1)の結果
~キョウエイリュウ号が3歳世代王者の座を奪還!~

 




ばんえい十勝で2020年12月29日(火)に行われた「第49回ばんえいダービー」(3歳オープン・BG1)は、キョウエイリュウ号が優勝し、今季重賞2勝目、通算重賞4勝目を挙げました。
馬場水分1.1%、730㎏(牝馬710㎏)の定量戦で行われた本レースは、スタートから横一直線で第一障害を越えた後、カイセドクター号、コマサンダイヤ号、キョウエイリュウ号、ヤマトタイコー号が先頭に立ちます。道中半ばからややばらけはじめますが、先頭集団はお互い譲らず第二障害に到着します。
最初にカイセドクター号、コマサンダイヤ号、ヤマトタイコー号が仕掛け、一息置いてキョウエイリュウ号が第二障害を仕掛けます。ヤマトタイコー号、カイセドクター号、キョウエイリュウ号がほぼ差なくクリアし、ゴールを目指します。
ここからキョウエイリュウ号が強い競馬を見せます。一気に先頭に躍り出ると後続馬を突き放しにかかります。しかしゴール手前10m付近で、カイセドクター号、ヤマトタイコー号
が粘り強くその差を縮め、ゴール線上で脚色が鈍ったキョウエイリュウ号に襲い掛かりますが、キョウエイリュウ号は辛くも逃げ切り優勝。昨年度の2歳最強馬決定戦「イレネー記念」での雪辱を晴らし、見事3歳世代王者の座を奪還しました。2着はヤマトタイコー号、3着はカイセドクター号が入りました。
管理する村上慎一調教師は「ばんえいダービー」を初優勝、騎乗した松田道明騎手は10年振り3度目の優勝を飾りました。


レース結果/
https://www.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2020%2f12%2f29&k_raceNo=11&k_babaCode=3
レース映像/
http://keiba-lv-st.jp/movie/player?date=20201229&race=11&track=obihiro

<キョウエイリュウ号のプロフィール> ※2020年12月29日現在
生年月日・毛色/2017年4月10日(牡3歳・鹿毛)
血統/父 カネサテンリュウ  母 風蓮 (母父)グレイトアマゾン
生産者/大野信一 氏
馬主/大野 昇 氏
厩舎/村上 慎一 厩舎
通算成績/23戦14勝(うち重賞4勝)


【村上慎一調教師のコメント】
「イレネー記念」で障害を失敗してしまい、悔しい思いをしていました。今日勝つことができて本当に嬉しいです。「イレネー記念」後、春先も調子がいまいち戻らなくて苦労しましたが、少しずつ調子が回復してきて「ばんえい菊花賞」を優勝、そこから状態を維持してきました。前走、同斤量730㎏のオープン戦を使ったのは、この重量での様子を見たかったからです。結果、これなら行けるという手応えを感じました。
このレースではゴール前で苦しそうでしたが、なんとかもってくれという気持ちで見ていました。頑張ってくれましたね。今後は古馬オープン戦にも挑戦していきますが、まずは世代戦をメインに調整していきたいと思います。

【松田道明騎手のコメント】
ゴール前、馬が苦しそうでしたがなんとか頑張ってくれました。「イレネー記念」の借りを返すことができました。マークをしていたカイセドクター、コマサンダイヤ、ヤマトタイコーの3頭も思った通りのレースをしていて、馬場も重たく、まずは自分に合ったレースをしようと思っていました。第二障害を降りてから、もう少し後続馬を離せるかと思っていましたが、思うように差を広げることはできませんでした。ただ、脚を使っていない分、ゴール前でもってくれたのかなと思います。
前走は重量730㎏のオープン戦を走らせて、馬の調子を見ることができました。ゲートで立ち上がったり出遅れたりする癖があるのですが、その確認もできましたし、730㎏の重量でのゴールまでの歩きを見ることができました。
この馬にも期待していますが、他のメンバーも力をつけてきています。一緒に頑張っていきたいと思います。


このページをシェア

↑ページ先頭へ