Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 「第21回ヤングチャンピオンシップ」(BG2)の結果

809

「第21回ヤングチャンピオンシップ」(BG2)の結果

「第21回ヤングチャンピオンシップ」(BG2)の結果
~無敗のキョウエイリュウ号が10連勝目で重賞2冠を達成~




ばんえい十勝で2019年12月30日(月)に行われた「第21回ヤングチャンピオンシップ」(2歳産駒特別選抜・BG2)は、接戦の末、トップハンデのあったキョウエイリュウ号が制しました。
馬場水分は1.3%、産駒特別の上位馬が選抜された本レース。ばんえい重量は580kg~620kgで最大40kgのハンデ差の中行われました。
道中はコマサンダイヤ号ら先頭集団と後続馬との差が広がった形で第二障害へ進んでいきます。
全頭が障害下に着く前に、ブラックサファイア号が第二障害を仕掛けると、追ってカイセドクター号、キョウエイリュウ号らが一斉に続きます。止まらず障害を越えたブラックサファイア号はそのまま一番手で障害を降り、ゴールを目指します。
 二番手で障害を降りたキョウエイリュウ号が猛追するも、ブラックサファイア号も粘り強い走りを見せ、二頭の接戦はゴール目前まで続きます。
ゴールを目前にブラックサファイア号の脚が一瞬鈍った隙をついて、キョウエイリュウ号がかわし、ハンデ差を感じさせない末脚で見事ゴール。デビューから負けなしの10連勝で「ヤングチャンピオンシップ」を制しました。
キョウエイリュウ号を管理する村上慎一調教師は「ヤングチャンピオンシップ」を初制覇、騎乗した松田道明騎手は、2011年以来2回目の優勝となりました。



レース結果/
http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/RaceMarkTable?k_raceDate=2019%2f12%2f30&k_raceNo=11&k_babaCode=3
レース映像/
http://keiba-lv-st.jp/movie/player?date=20191230&race=11&track=obihiro

<キョウエイリュウ号のプロフィール> ※2019年12月30日現在
生年月日・毛色 :2017年4月10日(牡2・鹿毛)
血統      :父 カネサテンリュウ 母 風蓮 (母父) グレイトアマゾン
生産者     :大野 信一 氏
馬主      :大野 昇 氏
厩舎      :村上 慎一 厩舎
通算成績    :10戦10勝(うち重賞2勝)

【松田道明騎手のコメント】
無事に優勝できてほっとしています。
連勝無敗のプレッシャーも前日まではありましたが、本番は負けることもあるだろうと開き直りました。キョウエイリュウはキレも抜群な馬ですが、このレースは各地域の代表馬戦なので、他の出走馬の弱点があればと考えながら騎乗しました。
20kgのハンデはありましたが、あまり気にすると考え過ぎてしまうので、乗った時の感覚を重視してレースに挑みました。次のイレネー記念は負けられないですね。年明けからのレースも頑張ります。

このページをシェア

↑ページ先頭へ