Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 騎手 長澤幸太

1874

騎手 長澤幸太

長澤幸太騎手が帰ってきました。

ひとまわりも、ふたまわりも、大きくなって。

長澤幸太。1988年9月19日生まれの21歳。浜中町出身。

おじいちゃんが馬主だったから、小さい頃から馬に親しんでいて、

将来の夢がばんえいの騎手でした。

中学校、高校の夏休みを利用して、服部厩舎にお手伝いで入り、

早速、草ばんばで騎手の頭角を現しています。

高校を卒業して、すぐにばんえいの厩務員として働き始め、

今年の1月10日、ついに小さい頃からの夢であった、騎手デビューを果たしました。



所属している服部厩舎の応援もあり、新人騎手なのに騎乗回数も多い。

そして、素質がいいから、次々に勝っていく。

周りからの期待も大きく、イケメンだし、マスコミの取材も殺到。

新人でこれだけ注目も騎乗も多いと、周囲からうらやましがられますが、

長澤騎手は、いつも笑顔で物腰やわらかく、誰にでも好かれる性格で、

鼻にかけることもないので、上のジョッキーからもかわいがられています。



重賞レースも騎乗し、今年の地方競馬の新人賞も夢ではない!そう言われていました。



6月16日、デビューから半年もたたないうちに、通算50勝をあっという間に挙げました。

本当に快挙です!





50勝を挙げたとき、ばんえい騎手は第一の壁にぶち当たると言われています。

出走表についている“☆”が消えるのです。

通算50勝までは、ハンデとして10kg重量を軽くしてもらえる、いわゆる新人の特権がありました。

特権がなくなることは試練です。騎乗回数が減ったり、ハンデがないぶんトップジョッキーと同じ条件で騎乗することになるからです。

今活躍している、トップジョッキーも、ほとんどこの壁で苦しんだそうです。

実際、長澤騎手も、“☆”が消えた6月20日から6日間、合計25騎乗しましたが、

一勝もしておりませんでした。

次のステップに進む洗礼なのでしょうか。

騎乗回数も、少し減ってきているかな、とも感じました。



そして、怪我をしました。

馬にガッツと、前足で顔をやられてしまいました。

ほほ、鼻、前歯、あご。

厩舎作業中だったそうです。

決して油断していたわけではなく、不可抗力だったそうです。

重症です。一瞬意識がなくなりました。

すぐさま、入院。大手術を行いました。



50勝の壁と、大怪我。

この3週間は彼にとって、長く辛い日だったのではないのかな。

3週間入院し、本日2009年7月18日、復帰。

「長澤騎手、おかえり!」を控え室で声をかけました。

「あ、どうも。どうも。」と目を伏せて答えてくれました。



そして、復帰2戦目第5レース。

接戦を見事物にして、勝利を勝ち取りました。



偶然なのか、運命なのか。

長澤騎手、初出走、初勝利を飾ってくれてのが、リアルスペシャル号。

50勝の壁を破ってくれ、大怪我からの復帰を飾ってくれたのも、リアルスペシャル号。

初勝利の日は、雪でした。復帰戦の今日は、雨でした。

しかも、リアルスペシャル号は、長澤騎手初出走初勝利を飾ってくれた1月10日から、今日まで一度も勝っていませんでした。



5レースの終了直後、仕事上の原稿を書くため、長澤騎手に話しかけました。

(半分、号泣気味。。仕事になっていなかったかも。。)



リアルスペシャルの偶然性を伝えて、おめでとうと声をかけて。

長澤騎手は、しばらく沈黙。そして、真顔で、まっすぐこっちを見て。

「馬に乗れて、本当に楽しい」



病院の屋上から競馬場が見えたそうです。レースを見て「あぁー!」と声にならない声で叫んで。

階段を駆け上ったり、ダンベル持ったり、筋トレは欠かさずしていたそう。

馬に乗りたくて、乗りたくて。そして、きっともどかしくって。



そして、最後に、

「どう、この傷。目の下やられて、頬骨上げて。ハンサムが台無しでしょう?」

生々しい傷口をさすりながら、でも久しぶりに見た、少し恥ずかしそうに笑った長澤くんの顔は

前よりも、ずっとずっとかっこ良く、何かが吹っ切れた感じがしました。




競馬場の中にはたくさんのドラマを持った人がたくさんいます。

「馬に蹴られて鼻がまがっているから、取材はお断りだよ~」と言いながら、ばんえいのため、こころよく取材に協力してくれる調教師、

馬から落ちて、ずっと怪我と闘いながらも記録を樹立した騎手、

「本当は騎手になりたかったんだけどね。」と、馬で怪我をして握れなくなった手を見せてくれ、今では強いオープン馬を次々輩出している調教師、

「10年は満足に騎乗できなかった。昨年くらいからこんなに乗れるようになったんだよ」と、少ないチャンスをものにして、今では重賞レースを優勝している騎手、

「俺の顔見ると、子供たちが泣くんだよ。」と笑いながら、夜明けから朝8時まで調教して、その足でリッキーやミルキーを幼稚園に連れて行ってくれる調教師。

おおげさじゃないくらい、みんなとても苦労して、今も頑張っている。

馬が好きで、ばんえいが大好きで。

屈託のない笑顔で話しかけてくれる調教師や騎手や厩務員。

だから、私はばんえいが好きなのかもしれないです。





ちなみに、長澤騎手の話にもどりますが、次の第6レース。

長澤騎手が一番早く障害をおり、途中まで独走状態でした。

神様は、彼に2連続勝利を与えるのか!?と思っていたとき、

同期の菊池騎手がつつつーーと伸びてきて、最後の最後で差しました。

(長澤騎手は3着)



なんだか、ばんえい十勝、これからもっとおもしろくなる、

そんな予感がした一日でした。(nao)


このページをシェア

↑ページ先頭へ