ドオーダッシュ、今月引退

|

本日6Rで2着となったドオーダッシュ(牡11・鈴木厩舎)が2月で引退することになりました。引退後は岩手県で過ごす予定です。

170204_6R011.jpg

ドオーダッシュといえば昨年8月にミルキーと一緒に蒲郡競艇場・笠松・大井・園田・川崎競馬場に出張しばんえいPRに務めてきたこともあり、ご存じの方も多いのではないでしょうか。

また、お笑いコンビのタカアンドトシが名前をつけたことでも話題になりましたね。

(下:2016年8月 大井競馬場 デモ走行)

17020408.JPG

(下:2016年8月 笠松 デモ走行)

17020409.JPG

ラストランがいつになるか未定ですが、わかり次第お伝えできればと思います。

 

 

さて、せっかくのイベント開催日なので本日の競馬場の様子をお届け。

まずは開門より入場門付近でホットスープサービス!今日はじゃがバタースープを300名にふるまいました。

17020403.jpg

同じく入場門付近に巨大すべり台の登場。なんと高さ5m、長さ25mもあるんです!ソリを持参しなくても楽しめますよ。

17020404.jpg

すべり台以外にも、雪中宝さがしや雪上運動会、馬ソリ運行など楽しめるイベント盛りだくさん。

17020405.jpg

スタンド入口にあるばん馬の氷像は、夜になるとライトアップされます。

17020405.jpg

入場門付近に並ぶアイスランタン。夕方から火を灯して、ロマンチックな雰囲気を演出します。

17020407.jpg

17020411.JPG

昼から夜まで楽しめる帯広競馬場。ぜひ明日もお越しください!(damaki)

今日のミルキー

|

おびひろ氷まつりが昨日2月3日(金)~5日(日)まで開催されています。

緑ヶ丘公園会場では今日と明日、馬そり運行を実施!本日の担当はミルキーでした。

 

9時頃にふれあい動物園に行くと、ちょうど鈴木邦哉調教師がミルキーの髪飾りをつけている最中でした。

今回は新しい髪留めデビュー!前髪にはハットを着けて、横のたてがみは赤とゴールドで結っています。

17020401.jpg

溢れるイケメンオーラ。いつも唇で「ブッブッ」鳴らしてにんじんをねだり、馬車運行の最中に居眠りするあのミルキーが、とても凛々しく見える!!?

17020402.jpg

ミルキーは明日は競馬場でソリをひき、緑ヶ丘公園ではキングが馬ソリ運行を行います!おびひろ氷まつりは競馬場含め4会場ありますので、是非色んなところへ遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

 

おまけ

1702040202.JPG

昨日撮影したミルキーのシャワーシーン。ミルキーは何でもなさげにしてますが、マイナス気温の中で行う水作業は鈴木調教師にとって非常にしんどかったことでしょう...お疲れ様でした。(damaki)

2月といえば

|

今日で1月も終わりですね。明日から2月。2月のイベントといえば節分、フェブラリーS、そしてバレンタインを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?

というわけで、2月12日(日)は来場者250名様にハート型チョコレートをプレゼントします!男性だけでなく女性にも勿論お渡ししますよ!

170131_01.jpg

 

また、黒ユリ賞の日には電化製品などが当たる抽選会も実施します。電気敷毛布やクッションマッサージャーの他、チョコギフト、帯広の物産品などが当たります。

※賞品は後日変更になる可能性があります

170131_02.jpg

バレンタインに便乗して場内でチョコフォンデュサービス!とか一瞬考えたのですが、時期が時期なだけあってレンタル料がとんでもないため断念しました。

 

さあ、2月のばんえいは黒ユリ賞とチャンピオンカップ、2つの重賞がありますね。また2月下旬~3月20日ばんえい記念当日までの間は来場ポイントカードキャンペーンも実施予定です。詳細は2月中旬にHPにて発表します。

今週末はおびひろ氷祭りの第4会場として「ばん馬冬まつり」を開催したり、冬の毎週日曜限定「ホットスープサービス」も行います。作るスタッフによってはこだわりの隠し味があるので美味しいですよ。ぜひ遊びに来てくださいね。

(damaki)

 

~余談~

馬好きにオススメのチョコレートを紹介します。まだどんなチョコを渡すか決めていない読者の方は、是非参考にしてみてはいかがでしょう?

と言っても、このブログを読んでいる方は半数以上が馬好きでしょうから、皆さんご存知かもしれませんね。笑

 

①ばん馬が好きな男性に渡すなら

柳月 三方六濃い白小割

070131_03.jpg

170131_04.jpg

パッケージに木材を運ぶばん馬が描かれています。HP詳細はこちら

 

②パッケージから中のチョコまで馬

リッカティル ダーラナホース

170131_05.jpg

170131_06.jpg

リッカティルとは「あなたに幸運を」という意味です。HP詳細はこちら

 

③馬の顔がワンポイント

ヴィタメール ショコラ・ド・ヴィタメール

170131_07.jpg

HP詳細はこちら

 

全国の馬好き達が素敵なバレンタインを過ごせますように!

今週のラストラン情報

|

先週のブログでお伝えしたテンカムソウ(牡8・鈴木厩舎)は、本日28日の11Rに出走予定となりました。

また、オンリーワン(牡7・服部厩舎)も明日1月29日(日)11Rがラストラン。引退後は阿寒で種牡馬として過ごす予定だそうです。

(写真右 2017年1月23日8R 3着)

170123_8R.jpg

オンリーワンは父シンテンリュウ、母龍姫、母父スーパージヤンデイという血統で、兄弟にナリタボブサップ(2002年生、通算重賞6勝、2008年NARグランプリ最優秀馬)、重賞2勝のホクトキング(2001年生)などがいます。ナリタボブサップといえば初年度産駒が平成28年度に17頭デビューし、今ではホクショウゼウスやシンエイボブなどが活躍していますね。

彼らの最後のレース、ぜひ応援してください!(damaki)

15歳!ナンエイテンリュウ優勝!

|

本日、2017年1月23日(月)第3Rにて、ナンエイテンリュウが優勝しました。
15歳です。
ばんえい競馬では、コトブキライアンが2015年2月16日に15歳で優勝したのが、
最高齢での優勝記録です。

馬齢は誕生日ではなく、年が明けたら1歳換算します。
ですので、厳密にいうと、
コトブキライアンが、14歳10ヵ月で優勝。
ナンエイテンリュウが、14歳8ヵ月で優勝。

  

  

記録を塗りかえることも確かにすごいかもしれませんが、
15歳で元気に走っているということ自体、すごいこと。
厩舎の体調管理と愛情のおかげですよね!

  

  


レース後に林厩舎におじゃましました。
「この馬、年齢の割に気が強いんだよ(笑)。
 まあ、年齢も年齢だから、早く馬房に入れてあげるんだ。」と厩務員さん。
早速ご自身のお部屋でお食事中でした。

s-1nan.jpg

  

  

「なんだい」とのぞかせた顔は、あら!イケメン!

s-2nan.jpg

  

  

「ちょっと待ちな。俺は今、食事中なんだ。」とモグモグモグ再び食べ始めます。

s-3nan.jpg

  

  

「終わったぜ。」と上から視線が。ドキドキ。

s-4nan.jpg

  

  

「何の用だい。」とさらに上から見つめられます。

s-5nan.jpg

  

  

「俺は今、ひと仕事終えたんだぜ。用があるなら調教師にアポとんな。」って勝手に妄想してドキドキしてましたが、

ギラギラ光るまなざしが印象的。

s-6nann.jpg

  

  

その後、わざわざ林調教師が来てくださり「馬、出すかい?」とおっしゃって下さいましたが、
ナンエイテンリュウ様の休憩時間を損ねるのは不本意。
また、改めて参ります!

これからも末永く、頑張ってほしいです。(nao)

明日はヒロインズカップ!

|

今年初めての更新となりました、damakiです。競馬場に勤めて今月で3年目。今年もばんえい競馬を盛り上げるべく頑張ります!宜しくお願い致します。

 

さて、明日は4歳以上牝馬の重賞・ヒロインズカップ(BG2)がありますが、その前に今日の最終Rについて書きます。

ゴール前で接戦を繰り広げ、今回2着となったのはテンカムソウ(牡8歳・鈴木厩舎)。鈴木調教師より、1月末で引退し種牡馬になると教えて頂きました。今回のレース上位馬は来週も出走する可能性が高いので、その時がラストランとなりそうですね。

テンカムソウは2011年~2014年の間に重賞競走に12回出走。優勝は無いものの、2012年イレネー記念2着・ばんえいダービー3着、2013年銀河賞2着、2014年天馬賞3着など安定した成績を収めています。彼の父はミサキスーパー。2008年に引退し種牡馬となりましたが同年に死亡したため、ミサキスーパーの血を継ぐ産駒は貴重です。

170121_11Rtenkamuso.JPG

ちなみに今朝、社内PCから偶然テンカムソウの昔の写真(2011年)を見つけました。2歳の頃はこのような姿だったのですね。今では体も十分に成長し、立派な体格となりました。

2011tenkamuso.jpg

もう1頭、引退を発表している馬にキタノタイショウがいます。キタノタイショウは2014年度ばんえい記念など重賞13勝を挙げており、3月に引退し種牡馬となります。前走の睦月特別では1着でした。

(2017/1/15 睦月特別オープン)

170115_10Rkitanotaisyo.JPG

ばんえい今シーズンもあと数ヵ月で終了ですが、この時期に引退する馬は多いです。ファンの皆様が「この馬いつの間に引退してたの!?ラストランの馬券買いそびれた~」と嘆かないためにも、こちらで入手した確かな情報は出来る限り発信できればと思います。大好きな馬の最後の晴れ舞台、見逃すわけにはいきませんよね。

 

さあ、そして明日はヒロインズカップ!昨年はナナノチカラが優勝し、牝馬重賞全制覇という快挙を成し遂げましたね。

ナナノチカラは12月に行われたばんえいスピードレース「地吹雪賞」で1着でした。

(2016/12/28 地吹雪賞)

161228_10Rnananochikara.JPG

昨年11月のドリームエイジカップ(BG3)を勝ったキサラキクも出走。私は以前キサラキク=たれ目のイメージを持っていたのですが、最近目元がキリッとしてるように見えてきたのは気のせいでしょうか。印象が変わっても美人です。

(2017/1/15 睦月特別)

170115_10Rkisarakiku.JPG

ピンクの馬具と流星が目印のセイコークイン。いつもたてがみが美しく結われており、こだわりと愛情に溢れています。

(2016/12/24 ホワイトクリスマス賞)

161224_10Rseikokuin.JPG

他にもクインカップ(BG3)優勝馬アスリート号を始め女傑が集結、フルゲート10頭で争われます。果たしてばんえい界の女王の座に輝くのは...?お楽しみに!

 

~余 談~

昨年11月に発売した「ポケットモンスター サン・ムーン」を先月購入し、今週シナリオクリアしました。ポケモンシリーズは2作ほど手をつけていなかったのですが、今回はばん馬ポケモン「バンバドロ」が出ると聞いて買ってみたのです。

感想はというと......バンバドロ、超・大活躍でした!!(バトル的な意味ではなくストーリーとして)。ただのイチ野生ポケモンとして登場するだけかと思っていたのですが、ストーリーの中にバンバドロに乗ってフィールドを進む場面がありまして、物語進行必須。ばん馬ファン歓喜の内容でした。

ポケモン=子供のゲームと思われがちですが、ちゃんと大人でも感動できるストーリーなのですよ。やり込み要素も満載です。もしこれを見ている方の子供がポケモンをやっていたら、「そのゲームに出ているバンバドロは実在するんだぞ。今度帯広に行って見てみよう」と誘ってみてはいかがでしょうか。バンバドロは高さ2.5m、体重920kgなのでばん馬とほぼ同じサイズです。(damaki)

あけましておめでとうございます!

|

あけましておめでとうございます。
本年もばんえい競馬をよろしくお願いします。

IMG_4835.JPG

 

さて、本日からお正月5連続開催が始まりました!

初日は縁起物の配布や抽選会などイベントもりだくさん。

DSC04923.JPG

DSC04927.JPG

DSC04996.JPG

DSC05004.JPG

2日も新春初夢抽選会、迎春はしご乗りなどがあります。

おいしいふるまいもありますのでお正月は帯広競馬場へLet's GO!

 

HERO

今シーズン初!馬ソリ運行

|

競馬場で毎週日曜日に行っているばん馬馬車。

11日(日)も馬車を行う予定でしたが、雪が積もっているため中止・・・ではなく!

今シーズン初の「馬ソリ運行」を実施しました!!

16121202.jpg

ソリに乗るとこんな視界。

16121204.JPG

馬ソリに乗ると冷たい風や飛び舞う雪をダイレクトに受けますが、そんな寒さが気にならなくなるほど面白いですよ。来週18日(日)、再来週24日(土)・25日(日)も馬ソリ運行実施予定です。

※ただし、雪が少なければ馬車運行に変更、または中止になる場合がございますm(_ _)m

 

ちなみにこの日着けていた髪飾りは、熱烈なミルキーファンから彼に贈られた物。いつもありがとうございます。

16121203.JPG

ミルキーの髪飾りは季節によって衣替えしています。

16121205.JPG

16121206.JPG

秋(松ぼっくりがくっついています)

16121207.JPG

 

ミルキーはお正月にイベント出張に行く予定です。詳細情報は今週末にHPにて公開予定ですので、是非チェックしてみてください!(damaki)

16121208.JPG

ばんえい史上初!白毛の勝利!!

|

20161121日第1Rにて、ハクバボーイが優勝しました。

s-IMG_7973.jpg

 

 

ハクバボーイは白毛。

白いから汚れが目立つそうで、以前、厩舎にお邪魔した際に手入れについて教えてくれました。ピッカピッカに輝いている馬体は厩舎の愛情の賜物。

s-IMG_3106.jpg

 

 

下の写真は、白毛でばんえい史上初の競走馬となったお母さん・ハクバビューティー。残念ながら1着を獲ることができず、その息子にタスキをつなげました。

s-ハクバビューティー[1].jpg

 

 

本日のレースはゴール際、他の馬も止まりながら進む中、ハクバボーイも力を出し切ってゴール。

ばんえい史上初、白毛の勝利となりました。

 

 

s-IMG_7985.jpg

1R優勝騎手インタビュー。このインタビューに赤塚騎手も初登場!

MC「初騎乗ですね。実際乗ってみて、馬体を見て印象はどうですか?」

赤塚騎手「......白くて、きれいな馬です。」

そのままじゃない(笑)!と突っ込みたくなりましたが、ハニカミながらその他の質問にも答えてくれました。そんなインタビューもご覧ください。(nao)

こちらからどうぞ

明日、11月13日はクインカップ

|

明日は4歳牝馬重賞「第41回クインカップ」(BG3)が行われます!

出走馬10頭による女王の座を賭けた戦い。ばんえい情報局によると、2014年優勝馬ナナノチカラを除いて2007年以降の勝ち馬はすべてここで重賞初制覇ということで、どの馬にもチャンスがあるレースといえます。

 

それでは自分が持っている限りの出走馬の写真を載せます。

1枠1番 タキニシサンデー(写真:9月25日10R  銀河賞)

160925_10Rtakinisi.JPG

白銀に輝くたてがみが美しい、メンバー唯一の芦毛馬。今季はまだ勝ち星は無くとも、今年の4歳重賞初戦「柏林賞」では同世代王者センゴクエース・後にはまなす賞を制するバウンティハンター・10番人気伏兵イノリノチカラの牡馬3頭に次ぐ4着という結果を残しており、牝馬限定ならば更に力を発揮できる可能性があるかもしれません。

 

3枠3番キタノレッドルビー(写真:10月2日8R ノースクリスタル賞)

161002_8Rkitanored.jpg

重賞初出走。今季は25戦中3勝を挙げており、10月23日に行われた4歳牝馬オープン「紅バラ賞」では2着でした。紅バラ賞はクインカップ前哨戦に位置付けられていることから、このまま勢いに乗って重賞初出走&初制覇となるかも!?クインカップでは工藤篤騎手が騎乗します。

 

5枠5番 シリウス(写真:8月28日10R はまなす賞)

160828_10RSirius.JPG

重賞2勝の記録を持つシリウス。前走・前々走は連勝しており、本レースで3連勝を狙っていることでしょう!ポップな髪飾りをしていることが多いので、パドックでは目立ちます。

(写真:9月25日10R 銀河賞)

160925_10RpSirius.JPG

 

6枠6番アスリート(9月25日10R 銀河賞)

160925_10Rathlete1.JPG

クインカップの前哨戦・紅バラ賞の優勝馬です。まっすぐな黒髪がより一層男勝りな雰囲気を醸しています。

(写真:9月25日10R 銀河賞)

160925_10Rathlete2.JPG

 

8枠10番 サンノハヤヒメ(写真:9月25日10R 銀河賞)

160925_10Rsannohayahime.JPG

今季25戦は全て舘澤騎手が騎乗しており、今回も舘澤騎手が手綱を握ります。

ちなみにサンノハヤヒメを管理している金田調教師は先週のばんスタに出演し、クインフェアー3兄妹などのお話をされていました。明日は村上慎一調教師が出演予定で13:45より放送します。こちらも是非ご覧ください。過去動画はこちら(YouTube)から見ることができますよ。

 

先日、過去5年の紅バラ賞とクインカップの1~3着馬を調べていたのでまとめてみました。

 

2010年

紅バラ賞 ①ホクショウマドンナヒマワリカツヒメカツタカラヒメ

クインカップ ①ホクショウマドンナヒマワリカツヒメカツタカラヒメ

 

2011年

紅バラ賞 ①キタノサクラヒメ②タケノビジン③ダイリンビューティ

クインカップ ①キタノサクラヒメ②メンコイワタシ③ヒロノクィン

 

2012年

紅バラ賞 ①アグリコトブキ②アアモンドマツカゼ③ドリームテンリュウ

クインカップ ①マリンチャンス②ブラックパール③アグリコトブキ

 

2013年

紅バラ賞 ①ベニコマ②セタナセンプー③フレグランス

クインカップ ①カネサマドカ②タカラハヤヒメ③ニシキウンカイ

 

2014年

紅バラ賞 ①セイコークインクインフェスタナナノチカラ

クインカップ ①ナナノチカラクインフェスタセイコークイン

 

2015年

紅バラ賞 ①センショウレディー②フェアリードールキサラキク

クインカップ ①フェアリードールキサラキク③センゴクイチ

 

2013年以外は、紅バラ賞上位馬がクインカップでも上位にきていますね。

他にも馬場水分や騎手、前走成績など収集しがいのあるデータがありますので、ぜひ皆さまもじっくりと過去を分析して勝馬を考えてみてはいかがでしょうか?

なお本内容は特定の馬を応援したり、予想するものではございません。

 

それでは明日のクインカップ、お楽しみに~~!!(damaki)

カテゴリ

  • Thumbnail
  • Topics (15)
  • カテゴリを追加
  • Event

月別 アーカイブ

ウェブページ