【公式】ばんえい十勝 | 馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

Language
メニュー

【公式】ばんえい十勝 | 馬の一発逆転ライブショー

トピックス
アクセス

RACE MENU

レースのご案内

  1. ホーム
  2. レースのご案内
  3. 重賞レース
  4. クインカップ

重賞レース

クインカップ

第42回BG3

クインカップ

煌く女傑達の一戦 4歳女王の座をかけて

1112日(日)

第10R 20:10 帯広競馬場
4歳牝馬オープン

1976年に創設された4歳牝馬の一戦!

photo 前年度優勝馬アスリート号

出走予定馬 動画で観戦 詳しく見る
NEXT 次回予告
クインカップ
  • レースの歴史
  • 昨年の結果
  • レース予想
  • 出走予定馬
  • ロードマップ

レースの歴史

4歳女王の座をかけた乙女たちの戦い

1976年に創設され、当初は3・4歳牝馬による世代混合レースでしたが、2005年から4歳牝馬限定戦となりました。
創設当時は「旭クインカップ」の名称で旭川競馬場で行われていましたが、1990年からは主に夏の岩見沢競馬場で行われ、
単独開催となった2007年以降は帯広で秋・冬に行われる重賞として定着しています。

歴代優勝馬には「ばんえいグランプリ」を連覇したヨウテイクイン、「ばんえいダービー」「ばんえいオークス」をダブル制覇したハイトップレディ、岩見沢記念を3連覇したアンローズなど、牡牝混合重賞でも活躍した男勝りの女傑たちが数多く出ています。
また、2014年にこのレースを制したナナノチカラは、後に古馬牝馬重賞の「ヒロインズカップ」も制し、「黒ユリ賞」「ばんえいオークス」と全牝馬重賞競走を制覇しました。


【歴代優勝馬】

回数 施行年 馬 名 ばんえい重量 性齢 騎 手
26 2001 サクラガール 670 牝4 藤本 匠
27 2002 アンローズ 660 牝3 松井 浩文
28 2003 ヒカルゴゼン 670 牝4 大河原 和雄
29 2004 トカチプリティー 670 牝4 西 弘美
30 2005 ギャンブラークイン 640 牝4 藤野 俊一
31 2006 ニシキシャープ 620 牝4 細川 弘則
32 2007 ヒメカワキタ 650 牝4 藤本 匠
33 2008 ツバキダイヤ 670 牝4 鈴木 恵介
34 2009 ユーファンタジー 680 牝4 安部 憲二
35 2010 ホクショウマドンナ 680 牝4 鈴木 恵介
36 2011 キタノサクラヒメ 670 牝4 島津 新
37 2012 マリンチャンス 670 牝4 阿部 武臣
38 2013 カネサマドカ 690 牝4 大河原 和雄
39 2014 ナナノチカラ 710 牝4 鈴木 恵介
40 2015 フェアリードール 690 牝4 安部 憲二
41 2016 アスリート 700 牝4 大河原 和雄

昨年の結果

4歳女王はアスリート!

 11月13日(日)は重賞・クインカップ(4歳牝馬オープン)が行われ、単勝2番人気のアスリートが優勝。牡馬相手の銀河賞で3着に食い込んだ力を発揮し、悲願の重賞初勝利。手綱をとった大河原和雄騎手は6日のばんえい菊花賞に続く、重賞2連勝を果たしました。
 黒ユリ賞、ばんえい大賞典を制しているシリウスが、牡馬A2相手で連勝している近況も評価されて1番人気。今シーズン、安定したレースぶりを見せるアスリートがこれに続きます。さらに3連勝中のアサヒカツヒメも、勢いを買われたか3番人気に支持され、三つどもえの様相でスタートを迎えました。
 馬場水分は2.4%。道中は思い思いのペースで進み、バラついた展開。ただ、中間点過ぎてからは徐々に差がなくなり、障害下にはメムロコマチを除く9頭がほぼ横一線で到達しました。
 最初に仕掛けたのはヤマノホシで、アサヒカツヒメとレジーナもこれに反応。その直後にシリウス、アスリート、ウメノスピードあたりも仕掛けます。なかでも切れのある登坂を見せたのはアスリート。ひと腰で障害を上がりきり、先頭で最後の平坦路に向かいます。ただ、2番手以下も混戦で、6、7頭がほぼ並んで障害をクリアしました。
 ここからは各馬の我慢比べ。1馬身ほどリードしているアスリートを巡り、2番手グループからシリウスが抜け出して追撃。3番手以降も懸命に食い下がります。しかし、アスリート、シリウスともにしぶとい末脚を見せ、両頭の間隔も、3番手以下との間隔も詰まりません。力の入るゴール前でしたが、結局2頭の差はそのまま。アスリートが悲願の重賞初制覇を果たしました。2着のシリウスから3秒0差の3着にはアサヒカツヒメが入り、人気サイドでの決着となりました。
 しぶとい粘りを発揮したアスリート。シリウスと同重量の700キロを曳いての勝利だけに価値が高く、障害の切れ、しまいの脚ともに文句のつけようがない好内容。世代女王の座にふさわしいレースだったと言えるでしょう。今後の牝馬戦線でも要注目の1頭です。
大河原和雄騎手「馬場は軽かったですが、1着になれたのでこの馬には合っていると思います。道中は馬なりに進んで、第2障害のかかりが良かったのですんなりいけました。良い馬に恵まれて幸せです」

「 ばんえい情報局」からの転載

レース結果

レース映像

レース予想

ばんえい情報局

出走予定馬

馬名性齢通算成績今季成績近年の重賞成績
コウシュハローヤル牝478戦17勝18戦5勝2016ばんえいオークス3着
ホクトノホシ牝458戦8勝
うち重賞1勝
10戦0勝2016ばんえいオークス
ブルーオーシャン牝446戦11勝
うち重賞1勝
16戦5勝2016黒ユリ賞
ヒカルナナヒメ牝475戦10勝20戦2勝2016ばんえいオークス2着
ビュウティハート牝489戦15勝22戦3勝
フジノウンカイ牝475戦12勝24戦4勝
タイキン牝450戦15勝13戦6勝
ラッセルクイン牝475戦16勝19戦2勝
コウシュハアレッポ牝498戦11勝27戦2勝
タナボタチャン牝485戦8勝26戦2勝2016黒ユリ賞2着

※11月6日現在

ロードマップ

当コンテンツの情報は制作段階の情報に基づき制作されており、出走回避などにより実際のレースに出走しない可能性がございます。
また当コンテンツは特定の馬の応援や推奨を行うものではございません。