Loading...

【公式】ばんえい十勝/馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

DATA BASE

重賞競走

  1. ホーム
  2. 重賞レース
  3. ヒロインズカップ

第29回ヒロインズカップ(BG1)

最強牝馬を決める、古馬牝馬限定重賞!

23日(日)

第10R 18:00 帯広競馬場
4歳以上牝馬オープン

1990年に創設され、今年度よりBG1に格上げとなった4歳以上牝馬の女王の座をかけた重賞レース。

photo 前年度優勝馬キサラキク号

レース詳細

  • レースの歴史
  • 昨年の結果
  • レース予想
  • 調教師・騎手コメント
  • ロードマップ

レースの歴史

今年度よりBG1に格上げ!まさに最強牝馬決定戦!

1990年に牝馬限定重賞として創設され、創設当時は「4歳以上8歳以下」という年齢制限がありました。
年齢の上限が定められたレースは全国でも珍しいものでしたが、2009年以降は年齢上限は撤廃され、
2011年に10歳馬のフクイズミ、2012年には11歳馬のエンジュオウカンが制すなど10歳以上の馬たちも優勝しております。
また、2016年のレースではナナノチカラが優勝し、牝馬重賞全制覇という金字塔を打ち建てました。
今年度よりBG1に格上げとなり、牝馬にとってより重要度の高い、まさに女王の座をかけた一戦となっています。

回数 施行年 馬 名 ばんえい重量 性齢 騎 手
13 2002 サクラガール 760 牝5 岩本 利春
14 2003 コスモカップ 790 牝6 細川 弘則
15 2004 トカチプリティー 760 牝4 西 弘美
16 2006 エンジュオウカン 770 牝5 西 弘美
17 2007 フクイズミ 770 牝6 夏井 功
18 2008 トカチプリティー 770 牝8 大口 泰史
19 2009 トカチプリティー 770 牝9 阿部 武臣
20 2010 エンジュオウカン 770 牝9 鈴木 恵介
21 2011 フクイズミ 800 牝10 尾ヶ瀬 馨
22 2012 エンジュオウカン 780 牝11 船山 蔵人
23 2013 ブラックパール 740 牝5 藤本 匠
24 2014 ダイリンビューティ 760 牝7 藤本 匠
25 2015 クインフェスタ 760 牝5 浅田 達矢
26 2016 ナナノチカラ 780 牝6 安部 憲二
27 2017 アアモンドセブン 770 牝6 藤本 匠
28 2018 キサラキク 790 牝7 阿部 武臣

昨年の結果

キサラキクが牝馬ナンバー1の力を示す!

 2018年1月21日(日)は重賞・ヒロインズカップ(4歳以上牝馬オープン)が行われ、単勝1番人気のキサラキクが優勝。トップハンデ790キロをものともせず、重賞5勝目を挙げました。
 最重量を課せられたキサラキクでしたが、今シーズンも北見記念で3着に食い込むなど、牡馬相手に互角の立ち回りを披露。牝馬ナンバー1という評価が、そのまま単勝1.6倍というオッズに反映されました。昨年のこのレースの覇者で、前哨戦のレディースカップで2着に入ったアアモンドセブンが2番人気。昨年の2着馬セイコークインが差のない3番人気と、牝馬戦線で実績を残してきた各馬が上位人気に推されました。
 馬場水分は1.4%と、乾いたなかでスタート。道中はキサラキク、セイコークイン、ファイトガールあたりがペースを握りますが、力の要る馬場だけあって、ゆったりと歩を進めます。これにアアモンドセブン、フェアリードールも続き、5頭が並んだ状態で第2障害を迎えました。
 最初に仕掛けたのはセイコークイン。天板近くまで駆け上がりますが、越えるには至らず脚を止めます。その間、じっくり脚をためたのがキサラキクで、満を持して動くと抜群の登坂を見せ、ひと腰で障害を突破します。これに続いたのがフェアリードールとアアモンドセブンで、さらにコウシュハサマーとヒカルナナヒメも並んで先頭を追いかけます。
 しかし、キサラキクの末脚は衰えるどころか、さらに勢いを増す一方。10メートル以上の差をつけて独走すると、そのままゴールまで他馬を問題にせず、トップで荷物を運び切りました。4頭による2番手争いから抜け出したのはアアモンドセブンで、残り10メートル付近で差を広げにかかると、キサラキクから11秒差でゴール。さらに6秒差の3着にはセイコークインが入りました。
 トップハンデながら、女王の名にふさわしい圧倒的なレースを見せたキサラキク。強豪牡馬にもまれてきた実力をいかんなく発揮し、牝馬の頂点に君臨しました。重い馬場を考慮して仕掛けを遅らせた阿部武臣騎手の手綱さばきも特筆すべき点で、今後もこのコンビに注目です。
 勝ち馬には突き放されたアアモンドセブンでしたが、他馬には決定的な差をつけて2着。特に残り20メートルを切ってからの末脚には見どころがあり、今後も牝馬同士なら好勝負が期待できそうです。
阿部武臣騎手「ばんえい最強牝馬として君臨してきているので、トップハンデでしたが負けられないレースでした。優勝できてホッとしています。馬場が重たかったので障害に不安はありましたが、障害を重点的に調教してきました。ここさえうまく越せたら、末脚のある馬なので勝機はあると思って騎乗しました」

「ばんえい情報局」からの転載

レース結果

レース映像

レース予想

ばんえい情報局

調教師・騎手コメント

馬番 馬 名 性 齢 通算成績 今季成績 ばんえい重量
(kg)
近年の重賞優勝・成績
1セイコークイン牝9184戦34勝21戦2勝790kg
2018 ヒロインズカップ3着 2017 ヒロインズカップ2着
中島 敏博調教師コメント
馬の体調は良いです。レースに向けて馬も頑張っています。初めての重量なので障害を越えていくのは大変かもしれませんが、うまく乗り越えてほしいです。
西 将太騎手コメント
重量がありますが、馬は体調も良く、まじめな性格なのでしっかり障害を越えてくれると思います。上位狙っていきます。
2ナカゼンガキタ牝577戦15勝
うち重賞1勝
22戦3勝770kg
2017 ばんえいオークス、ばんえい菊花賞2着
西 康幸調教師コメント
770kgという重量は未知ですが、騎手を信じて任せます。レース当日まで馬の体調を維持して、挑みたいと思います。馬場が軽いと良いです。
藤野 俊一騎手コメント
12月のレディースカップでは、よいレースができましたが、今回は770kg。まずは荷物との戦いだと思います。重量に負けないでいつもの力を出せるよう騎乗したいと思います。
3アアモンドセブン牝8175戦29勝
うち重賞1勝
23戦4勝770kg
2018 ヒロインズカップ2着 2017 ヒロインズカップ
小林 長吉調教師コメント
決して楽ではないレースだと思いますが、引いた事のある重さなので経験を活かし、障害を乗り越えてほしいと思っています。
藤本 匠騎手コメント
厳しいレースになると思いますが、馬の能力を信じて全力で頑張ります。
4ヒメマルクィーン牝8224戦25勝32戦4勝760kg
 
長部 幸光調教師コメント
今年の春先で繁殖牝馬にする予定です。引退する前に、大きな重賞に挑戦することにしました。ファンの皆様に雄姿を見てもらえるよう、簡単なレースではありませんが最後まで頑張りたいと思います。
村上 章騎手コメント
初の重賞挑戦で、重量も経験したことはありません。しかし、障害が上手だし、良い内容のレースが続いているので、今回も馬を信じて行くだけ行くぞ!という気持ちで騎乗します。
5キサラキク牝8143戦24勝
うち重賞5勝
18戦2勝790kg
2018 ヒロインズカップ 2017 北見記念3着
金田 勇調教師コメント
普段は大人しいですが、気分がのると豪快な性格になります。牝馬にしては体格が大きいのも持ち味です。今までに挑んだレースの経験を活かして、本番は先行で立ち回って力の差を見せつけたいです。
阿部 武臣騎手コメント
昨年もこのヒロインズカップで優勝しているので、2連覇目指して頑張ります。落ち着いて、うまく馬のペースに合わせて騎乗していきたいです。
6タイキン牝682戦22勝21戦6勝770kg
 
大橋 和則調教師コメント
障害を一腰で越して勝負する馬です。荷物が重たいので、軽い馬場で道中はゆっくりな展開になると力を出せると思います。牝馬同士の戦いです。とても調子が上がってきているので、良いレースにしたいです。
菊池 一樹騎手コメント
騎乗していてとても力をつけているのがわかりますし、勢いを感じます。障害をうまく上がると勝負に持ち込めるので、障害に重点を置いて騎乗します。馬場は軽いほうがこの馬には合っているので、天候にも恵まれたらうれしいですね。
7タナボタチャン牝6136戦15勝34戦4勝760kg
 
坂本 東一調教師コメント
繰り上がりでこのレースに挑戦することになりました。残りの日数でしっかり仕上げていきたいと思います。ファンも多いので、精一杯頑張ります。
渡来 心路騎手コメント
簡単なレースにはならないと思います。先輩の胸を借りて、無事ゴールできるよう精一杯頑張ります。
8ヤマノホシ牝7178戦21勝33戦3勝770kg
 
長部 幸光調教師コメント
770㎏は重たいのですが、障害が上手な馬です。前残りを狙いたいです。
鈴木 恵介騎手コメント
障害を越えるのも上手で力もあります。重量に負けず、レースの流れを壊すぐらい先行力を活かして攻めていきます。
9コウシュハローヤル牝6119戦21勝30戦4勝770kg
 
松井 浩文調教師コメント
そりの重量は重く、初めての経験になりますが、自分の得意なペースで障害を越えていってほしいです。体調は良いです。
工藤 篤騎手コメント
近走のレースでは荷物が重たくて苦戦していますが、能力のある馬です。壁を乗り越えて少しでも上位を目指していきます。
10フェアリースズ牝590戦22勝28戦8勝760kg
2018 クインカップ3着
岩本 利春調教師コメント
荷物が重く厳しい戦いになると思いますが、能力がある馬なので、自分のペースで障害を越えて走り抜けてほしいと思っています。胸を借りて進みます。
島津 新騎手コメント
重量は重たいですが、コンビで力を合わせて乗り越えていけるように騎乗します。まじめな性格の馬なので一緒に上位を目指して頑張ってくれると思います。馬場は軽くなるといいですね。

ロードマップ

当コンテンツの情報は制作段階の情報に基づき制作されており、出走回避などにより実際のレースに出走しない可能性がございます。
また当コンテンツは特定の馬の応援や推奨を行うものではございません。

↑ページ先頭へ