【公式】ばんえい十勝 | 馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

Language
メニュー

【公式】ばんえい十勝 | 馬の一発逆転ライブショー

トピックス
アクセス

TOPICS

トピックス

  1. ホーム
  2. 2016年 帯広記念

Topicsトピックス/わだい

明けましておめでとうございます。
1月2日に「帯広記念」が行われました。
高重量戦らしい手に汗握るレースが行われました。


レース前の一コマ。
本日の誘導馬は、川崎競馬場に出張中のミルキー号に変わってキング号が務めます。
ふれあい動物園では愛嬌たっぷりなのに、
パドック裏に来ると闘争本能が現れるのでしょうか、やる気満々!
由紀ちゃんによしよしされています。


 

パドックでは、たくさんのお客様が見つめます。

さあ、レースです。
第二障害では、どの馬も900㎏前後の荷物を曳いて果敢に挑戦していきます。


 

 

優勝したのはオレノココロ号。
鬼気迫る鈴木恵介騎手をクローズアップ。

 

吠えてます。


 


手綱を躍らせます。


 

ちらりと他の馬と自分の位置を確認。


 

さらに、吠えます。


 

もうすぐゴール。


 

優勝です。安堵の表情。

ゴール前、止まってしまいましたが、落ち着いて立て直したのはさすがでした。

 

 

 

障害を一番手で降りたのは、ニュータカラコマ号。

ゴール後の藤野騎手はうつむいていました。このレースまで調教以外でも付きっきりで馬と向き合っていたそうです。
きっと3月の大一番にむけて、必ずまた見せ場を作ってくれると思います。


 



左キタノタイショウ号、右 ホクショウユウキ号。

キタノタイショウは「ばんえい記念」優勝馬とあって、オーラがありました。
控室でキタノタイショウの服部調教師と、オレノココロの槻舘調教師が言葉を交わしていました。
服部調教師は「おめでとう!」と、心から称えて槻舘調教師に言葉をかけていたのが印象的でした。

 

ホクショウユウキ号。レース前に西謙一騎手のコメントをもらった時、
「プレッシャーはない。思い切って行く。挑戦者だ」とはっきりと言い切った通り、その勢いが馬にも伝わったように思えました。

 

 

 


インフィニティー号。高重量戦が得意な馬だけに、道中も一番先頭でレースを引っ張っていました。


 

 

 


コメント取りをしている時に、目が合った瞬間に「2年前の再現をします!!」ニキッと照れ笑いした島津騎手。
コメント原稿を確認している際に「なんで島津騎手だけ"!!"がついているのですか?」とスタッフに指摘され取りましたが、
だってだって、そんな勢いがあったのですもの。
道中、インフィニティーと共に先行したホリセンショウ号。


 

 

 

右 8番手で障害を越してからトップハンデにもかかわらず、先行の馬達をごぼう抜きして行ったフジダイビクトリー号。

左 一度も膝を付かずに、力強い腰を入れて第2障害を越したトレジャーハンター号。


 

 

 

一番左。フクドリ号。障害でふぅ~と一息中。


 

ゴール際、あれっ!? 気が付くとフクドリがきている!

レースを見直してみると、どの馬も止まりながら進んでいますが、われ関せず~みたいに突っ走ってきます。
この馬だけでした。第2障害から一度も止まらずにゴールしたのは。

 

 

 

レースが終わるのを待っていたかのように、ふわりと雪が降り始めました。
最後まで残っていたコウシュハウンカイ号を包みます。

レース前のコメントをもらう際、今まで以上に藤本匠騎手は考えながら話してくれました。
「今の調子でハンデもある910㎏。練習は積んでいるが初めての高重量で手探りだ。これからを見極める重要な一戦」とおっしゃってました。
レースを終えて、ベテラン藤本騎手は何かを掴んでいると思います。これからのレースに向けて。

 

 

 


レース後。控室に戻ってくる鈴木恵介騎手と、島津新騎手。
言葉は交わしていませんでしたが、同じ道南出身のトップジョッキーの背中をみて、さらに若手も負けじと歩んでいくのかな。

オレノココロ号、「帯広記念」優勝おめでとうございます!


 

 

 

今年の「帯広記念」はオレノココロ号が優勝しましたが、3月の大一番に向けて各陣営、仕上げてくるのでしょう!

次の「ばんえい記念」はどんなドラマを見せてくれるのか、今から楽しみになってしまいました!(nao)

233view