ホーム>トピックス

トピックス

2017/01/03掲載

【レース結果】「第10回天馬賞」(BG1)結果

第10回天馬賞 (BG1)の結果

~王者の貫禄!5歳の頂点は、センゴクエース号~

 

2017年1月3日(火)に行われた「第10回天馬賞(BG1)」(5歳オープン)が帯広競馬場で行われ、単勝1番人気のセンゴクエース号が優勝し、同世代戦負けなしで重賞9勝目を挙げました。

スタートからセンゴクエース号、バウンティハンター号、シリウス号が先行で進みますが、道中半ばからシリウス号がペースを上げ、一番手で障害を仕掛けます。コウリキ号ら後続馬も続々と仕掛けますが、一番手に越えたのはセンゴクエース号。このレースはハンデのない牡760㎏、牝740㎏の定量戦で、まさに馬の実力が問われるレース。キンメダル号、コウリキ号らが追いかけますが、センゴクエース号は他馬を寄せ付けずその差を広げていきます。まさに王者の貫禄を見せた圧巻のレース内容で5歳頂点に輝きました。

また、お正月の発売額について、1/1(祝日)142,080,000円、2日(月)215,890,300円、3日(火)156,747,800円と、年始3日間のみで前年比112%、入場者数も110%と好調な滑り出しをみせました。

レース結果はコチラ

 

レース映像はコチラ

 

<センゴクエース号のプロフィール>

 生年月日 :2012年4月20日 (牡5歳)
 血統 :父ウンカイ 母サダエリコ (母父ダイヤテンリユウ)
 生産者 :芝桜高橋牧場
 馬主 :千石 貞子氏
 厩舎 :槻舘 重人厩舎
 通算成績 :31戦20勝(うち重賞9勝)

 

17010301.jpg

<鈴木恵介騎手のコメント>

世代では絶対王者で、絶対に勝たないといけない状況でしたので、プレッシャーはありました。ノーハンデで障害を降りてからの脚はあるので慌てずにいきました。第二障害では、馬が自分から行きたい気持ちを出したのでそれに合わせました。第二障害を降りてからは不安材料がないので、その時点で勝利を確信できましたね。