ばんえい十勝
オフィシャルサイト

2016/01/03掲載
【レース結果】「第9回天馬賞」(BG1)結果

第9回天馬賞 (BG1)の結果
~5歳の頂点は、キサラキク号が牝馬で初優勝!~

 

ばんえい十勝の「第9回天馬賞(BG1)」(5歳オープン)が帯広競馬場で行われ、単勝2番人気のキサラキク号が牝馬で初めて5歳馬の頂点である「天馬賞」を優勝しました。

ハンデのない牡760㎏、牝740㎏の定量戦である本レース。道中はハクタイホウ号、カンシャノココロ号がやや先行でレースをするも、どの馬も離れず一団となって進んでいきます。

ハクタイホウ号が皮切りに第2障害に挑むと、各馬一斉に仕掛けます。カイシンゲキ号、ハクタイホウ号、キサラキク号が障害をクリアすると、この3頭のたたき合いとなります。じわじわとキサラキク号が力強い脚取りで牡馬を引き離しにかかります。ハクタイホウ号ら他馬たちも負けずと付いて行きますが、終始歩みが緩むことなくキサラキク号が10秒以上も差をつけて見事優勝しました。

また、お正月の売上について、1/1(金)119,977,100円、2日(土)194,989,200円、3日(日)144,628,800円と、年始3日間のみで前年比119%と好調な滑り出しをみせました。

 

レース結果はコチラ

レース映像はコチラ

 

<キサラキク号のプロフィール>

 生年月日 :2011年5月8日 (牝5歳)
 血統 :父ウンカイ 母マックス (母父ダイヤテンリユウ)
 生産者 :山崎 勇氏
 馬主 :青山 修氏
 厩舎 :金田 勇厩舎
 通算成績 :66戦15勝(うち重賞3勝)

2016010301.JPG

<鈴木恵介騎手のコメント>
障害を一腰で上げようと思いました。荷物が重たかったので、最後に止まるかもしれないと想定していましたが、もともと降りてから歩く馬なのでいつも通り力強い脚を見せてくれました。この馬は体格も大きく力もあるので、牡馬にも負けない強い女の子というイメージですね。これからもヒロインズカップなど牝馬限定戦のレースもあるので頑張っていきたいです。