【公式】ばんえい十勝 | 馬の一発逆転ライブショー

世界で唯一の競馬【ばんえい十勝】オフィシャルホームページ。馬券購入、ライブ映像、騎手情報、馬券購入方法、レース協賛等、ばんえい競馬に関する情報が満載!

Language
メニュー

【公式】ばんえい十勝 | 馬の一発逆転ライブショー

トピックス
アクセス

RACE MENU

レースのご案内

  1. ホーム
  2. レースのご案内
  3. 重賞レース
  4. ナナカマド賞

重賞レース

ナナカマド賞

第40回BG3

ナナカマド賞

初タイトルへ2歳馬激突!

1015日(日)

第10R 20:10 帯広競馬場
2歳オープン

今年度デビューした2歳馬たちが挑む初めての重賞競走。

photo 前年度優勝馬ゴールデンフウジン号

出走予定馬 動画で観戦 詳しく見る
NEXT 次回予告
ナナカマド賞
  • レースの歴史
  • 昨年の結果
  • レース予想
  • 出走予定馬
  • ロードマップ

レースの歴史

2歳馬が挑む初めての重賞競走

1978年に帯広競馬場のイレネー記念、北見競馬場のホクレン賞と並ぶ2歳(当時の馬齢表記では3歳)の重賞競走として創設され、旭川市民の木であるナナカマドが赤く色づく10月に旭川競馬場で行われていましたが、開催日程の都合から2003年~2006年は岩見沢競馬場での開催となり、2007年以降は帯広競馬場で実施されています。
2005年~2007年は一時特別競走に格下げされましたが、2008年から再び重賞に格上げされています。

その年にデビューした2歳馬たちによる初めての重賞競走となるレースです。
過去の優勝馬にはリユウタカラ、アキバオーショウ、ウンカイなどがおり、名馬への登竜門となるレースに位置づけられ、近年ではセンゴクエース(2014年度)、フウジンライデン(2015年度)がその後イレネー記念も制し世代のトップとして君臨しました。牝馬では1989年クインホマレ、1990年ツバキクイン、1997年キリツレディの3頭が本レースを制しています。

【歴代優勝馬】

回数 施行年 馬 名 ばんえい重量 性齢 騎 手
24 2001 キングシャープ 620 牡2 鈴木 勝堤
25 2002 ミスターセンプー 640 牡2 安部 憲二
26 2003 アオノキセキ 610 牡2 大河原 和雄
27 2004 コマヨシニセイ 600 牡2 藤野 俊一
28 2005 メダマ 535 牡2 細川 弘則
29 2006 コーネルフジ 530 牡2 藤野 俊一
30 2007 マルモスペシャル 555 牡2 松田 道明
31 2008 ホクショウバンク 560 牡2 鈴木 恵介
32 2009 テンマデトドケ 560 牡2 長澤 幸太
33 2010 オイドン 570 牡2 鈴木 勝堤
34 2011 ブラックボス 560 牡2 松田 道明
35 2012 ショウチシマシタ 560 牡2 菊池 一樹
36 2013 ホクショウメジャー 570 牡2 松田 道明
37 2014 センゴクエース 570 牡2 鈴木 恵介
38 2015 フウジンライデン 570 牡2 安部 憲二
39 2016 ゴールデンフウジン 570 牡2 西  将太

昨年の結果

ゴールデンフウジンが2歳戦線の主役に!

16日(日)は重賞・ナナカマド賞(2歳オープン)が行われ、単勝6番人気の伏兵ゴールデンフウジンが優勝。世代最初の重賞を制し、一躍2歳戦線の主役に躍り出る格好となりました。
青雲賞こそ出走を取り消したものの、それまで7戦無敗のホクショウムゲンが圧倒的な1番人気。デビューから【6・3・1・0】のジェイワン、安定したレースぶりを見せるゴールドインパクトが単勝ひと桁台で続きます。馬場水分1.0%のなか、若駒の大一番がスタートしました。
各馬とも横一線の飛び出しを見せ、軽快に第1障害を突破。未知の基礎重量570キロながら、勢いよく中間点を通過し、早くも第2障害にたどり着きました。
ひと呼吸置いて、各馬が一気に登坂を開始。なかでもメジロゴーリキとゴールデンフウジンの掛かりが良く、内外で離れた2頭がほぼ同時にクリア。差なくジェイワン、ミノルシャープと続きました。
障害後、一気に突き放したのはゴールデンフウジン。抜群のスピードを発揮し、後続との差を広げにかかり、3番手クリアのジェイワンが580キロながらこれに食い下がります。ただ、その差もいっこうに縮まらず、結局ゴールデンフウジンがリードを保ったまま、先頭でゴールを果たしました。追うジェイワンはゴール前で脚がいったん止まったものの、立て直して2着を確保。3着にはメジロゴーリキが流れ込みました。
勝ったゴールデンフウジンはこれが4勝目。前走のA-1戦では障害での転倒もあって8着に大敗しましたが、今回は圧倒的な強さを見せて快勝しました。障害にしろ、しまいの脚いろにしろ、文句のつけようがない内容。今後の成長次第ではビッグタイトルを手にする可能性も十分です。
西将太騎手「レースの流れは一般のレースの時と変わらないくらい速いなと思いました。前方にいけて、思い通りの位置につけたと思います。この日にむけて厩舎スタッフと頑張ってきたので、第2障害の手ごたえは良かったですが、最後まで油断せず騎乗しました。これからも良いレースをできるように頑張ります」
「ばんえい情報局」からの転載

レース結果

レース映像

レース予想

ばんえい情報局

出走予定馬

馬名性齢通算成績生産地所属厩舎
ミスタカシマ牝27戦5勝中川郡本別町槻館 重人
ジェイコマンダー牡210戦5勝河東郡上士幌町槻舘 重人
オレワチャンピオン牡211戦4勝空知郡中富良野町中島 敏博
ハマノダイマオー牡212戦3勝中川郡幕別町松井 浩文
カネサダイマオー牡29戦3勝空知郡南幌町松井 浩文
ウィナーサラ牝212戦3勝足寄郡陸別町西  康幸
ジェイフラワー牝212戦3勝中川郡本別町平田 義弘
コウシュハレガシー牡210戦3勝中川郡幕別町平田 義弘
ブラックエース牡211戦3勝釧路市岩本 利春
バンリュウブラック牡211戦3勝旭川市久田  守

※10月10日現在

ロードマップ

当コンテンツの情報は制作段階の情報に基づき制作されており、出走回避などにより実際のレースに出走しない可能性がございます。
また当コンテンツは特定の馬の応援や推奨を行うものではございません。